新しい元号は「令和」に!和暦・西暦を変換するの早見表はここ!

2019年5月1日から新年号に「令和」が使われることが発表されました。

和暦に変換した場合、平成でいうのであれば何年になるかなどを皆さんが知りたい結果からお伝えします。

これからは自動化の時代

令和にぴったりな顔認証受付システムはこちら!
来訪者の顔を覚えて、担当者の内線に直接取り次ぎます。
貴社のオフィスをインスタ映えさせます!

和暦西暦早見表

平成は2019年4月30日(平成31年4月30日)まで

令和は2019年5月1日(令和5月1日)から

 

西暦 令和 平成
2015 平成27
2016 平成28
2017 平成29
2018 平成30
2019 令和1 平成31
2020 令和2 平成32
2021 令和3 平成33
2022 令和4 平成34
2023 令和5 平成35
2024 令和6 平成36
2025 令和7 平成37
2026 令和8 平成38
2027 令和9 平成39
2028 令和10 平成40
2029 令和11 平成41
2020 令和12 平成42
2021 令和13 平成43
2022 令和14 平成44
2023 令和15 平成45
2024 令和16 平成46
2025 令和17 平成47
2026 令和18 平成48
2027 令和19 平成49
2028 令和20 平成50
2029 令和21 平成51
2030 令和22 平成52
2031 令和23 平成53
2032 令和24 平成54
2033 令和25 平成55
2034 令和26 平成56
2035 令和27 平成57
2036 令和28 平成58
2037 令和29 平成59
2038 令和30 平成60
2039 令和31 平成61
2040 令和32 平成62
2041 令和33 平成63
2042 令和34 平成64
2043 令和35 平成65
2044 令和36 平成66
2045 令和37 平成67
2046 令和38 平成68
2047 令和39 平成69
2048 令和40 平成70
2049 令和41 平成71
2050 令和42 平成72

 

西暦の計算方法は和暦+108(レイワ)

これからは自動化の時代

令和にぴったりなipad受付システムはこちら!
本当に月額990円からご利用可能です。
アポイントをあらかじめ登録することも可能!
受付担当者を挟まずに、slackなどのアプリか内線で用のある社員を直接呼び出せます。

 

令和+018(レイワ)=西暦

 

たとえば令和1年なら

 

1+018(レイワ)=19

→2019年

 

 

とても覚えやすいです。

平成からの計算方法は、平成-30年

これからは自動化の時代

令和にぴったりな顔認証受付システムはこちら!
来訪者の顔を覚えて、担当者の内線に直接取り次ぎます。
貴社のオフィスをインスタ映えさせます!

 

平成から30を引くと令和になります。

 

 

たとえば

 

平成31-30=令和1

ぜひ、役立ててください!

令和は業務自動化の時代

ロボットとデータの画像

AIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が推進され、できる業務はロボットに任せる流れに時代が変わってきています。

働き方改革において、推進されるロボット業務を導入してみませんか?

 

ぜひ、クリックして詳細をご覧ください。

顔認証受付ロボット

訪問者の顔を記憶。
次回以降の訪問時には名前を呼んで温かくお出迎えするRPAシステム!

iPad受付システム

iPadによる受付業務アプリ。
slackやchatworkなどとも連携可能で今風の企業にお勧めです!
ご来社されるお客様を『おもてなし』しませんか?

ご来社いただいたお客様を温かくお出迎えする、音声認識・音声合成・顔認証対応の受付電話ロボット。
カメラとセンサーで来訪者を検知して、受付業務を開始します。
既に顔認証登録されている来訪者には、よりスムーズな取次が可能です。
本機器が内線で直接担当者に取り次ぎます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事